こんにちわ、加藤です^^

 

やっと仕入れに集中出来る体制が整いだしました^^;

本日はこれから珍しく店舗仕入れに出かけるところです^^

 

12月が売れやすい時期になりますので全力で今仕込みをしてますw

 

さて、今日のテーマは

【決算期に仕入れがしやすい理由】

 

 

です。

 

普段皆さんはあまり考えるような事ではないと思いますが決算期・四半期と言われるときは仕入れが非常にしやすいです。

 

言われてみればわかる方も多いのではないでしょうか?

 

 

その理由というのが、会社には決算期というものがあります。

 

自分の会社は6月なのですが、メーカーさんなどの決算期はほとんどが3月です。

 

メーカーの決算期が3月だとなぜ仕入れがしやすいのか。

 

それは税金面の問題になってきます。

 

 

物販事業をしていれば、棚卸というのは必須になってきます。

棚卸をしていない方も多いですがほとんどの方が副業の方ではないでしょうか。

 

専業で法人としてやっていれば、棚卸はかなり重要な作業になります。

 

税金の事を考えると、メーカーは値引きをしてでも在庫を捌きたい

と思うんですね^^

 

なぜなら、在庫として残った商品等は昨年度の在庫量と比較して在庫量が増えていれば会社の利益として計上しなければいけないからです。

 

売れてないのに利益で計上する。おかしいですよねw

 

ただ、税面的にはそのような仕組みになってるみたいですw

 

自分は税金関係のプロではないのでここでは割愛します。

 

 

なので量販店とか行けば10%オフ~とかで売り出せれてるかと思います^^

 

また、四半期というのは3カ月毎に締めた決算の事を言います。

 

3月決算であれば、6・9・12月となるわけです。

 

上場企業は3カ月毎に決算を公表しないといけないのでその月は良くセール等を見かけますね^^

 

もちろん全部の企業がそうではないですが、3月はほとんどのメーカーが割引セールをやってるかと思います。

 

自分も最初は、なんで割引しまくって売りたいのかわからなかったですが物販をやっていれば自然と身につくもんです。

 

どのような事象にも理由があるのでそこを考えるのも面白いですがかなり大事かと思います。

 

 

割引セール等がわかれば普段より安く仕入れが出来ますので理解しておいて損はないかと思いますよ^^

 

 

では、今日はここまでで。

 

LINE@にてブログの更新をお知らせしています。

僕の記事読んでわからない事、聞きたいことがあればLINE@からご連絡頂けるとご相談に乗りますのでご登録お願い致します^^

 

友だち追加