こんにちは、加藤です。

 


せどりランキング

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

 

ブログランキング落ちてきたのでクリックお願いします^^

 

 

久しぶりにこの時間にブログ書きます。

 

昨日朝方4時まで起きてたので眠たい眠たい・・・。w

 

リサーチのリストも溜まってたので仕入れ業務に専念し、100万円程仕入れしておきました^^

 

 

1店舗で18万弱仕入れの、ポイントが9000ポイントw

 

久々、このような仕入れが出来ましたw

 

 

今日は在庫補充分の仕入れしていこうと思います^^

 

 

さて、本日のテーマですが

 

【不良在庫は機械損失】

 

です。

 

 

不良在庫というのは、売れずにそのまま在庫として残ってる商品の事を言います。

 

 

もっと簡単に言えば仕入れをした商品が売れてなくて利益を出していない商品になります。

 

 

不良在庫になるのは様々な理由がありますが、ほとんどが以下の理由になるかと思います。

 

 

・薄利もしくは赤字で最安値価格に合わせていない

・商品の回転率が悪いのに出品者がかなり多い

・廃盤商品狙いで寝かしている

 

 

だいたいはこのような理由でしょう。

 

 

不良在庫の在庫期間

 

不良在庫と判断するのは、人それぞれの感覚かと思いますが

 

 

自分は3ヶ月間倉庫に残っている状態

 

 

と思っております。

 

 

仕入れの基準は1~1か月半程で売れるくらいの在庫を持つのがベストなので

 

 

3ヶ月間在庫として残っているなら、仕入れミスと判断しなぜこのような結果になったのかを考える事が大事です。

 

 

薄利もしくは赤字が原因の場合

 

リサーチした段階では、しっかり利益出ていたのに

 

アマゾン倉庫に入れた時には薄利になっている。

 

というのはよくある事です。

 

 

その場合の対処方法ですが、自分は利益率5%でも販売します。

 

 

理由は5%の利益率が出ているのであれば商品を販売し現金化し更に仕入れをした方が儲かるからです。

 

 

なぜか、利益率高めでしか販売しないセラーがいますがそれではなかなか利益を上げていくのは難しいです。

 

 

また、赤字になってしまった商品は場合によって損切として販売します。

 

 

赤字になる=もっと安い仕入れ先がある

 

 

という場合が多いですので自分のリサーチ不足です。

 

 

薄利や赤字でも思い切って販売することが後々に繋がると思います。

 

 

また、複数購入もありますので5%で売ったとしてももっと利益率は高くなってます。

 

 

商品の回転率が悪いのに出品者が増えた場合

 

これもよくある事です。

 

仕入れ段階では出品者が少なかったのに、販売するときには出品者が急増することもよくあります。

 

 

この場合は自分は最安値に合わせてどんどん販売していきます。

 

 

どうしても回転率が悪い以上あまり売れないですが次回以降の仕入れを考えなければいけません。

 

 

たまたま出品者が増えてしまったのか、自分がリサーチした時にたまたま出品者が減っていただけなのか。

 

 

この辺はモノレートを見て判断していきましょう。

 

 

他ネットショップでセールが行われてたという事もありますので原因を確かめるのが大事になります。

 

 

廃盤商品狙いで寝かしている場合

 

廃盤商品で寝かしているのも、自分は不良在庫と思っております。

 

廃盤商品に対しては賛否両論あるかと思いますが

 

 

販売してない時点(利益出てない時点)で在庫として残っているのであまりオススメは出来ません。

 

 

廃盤商品を狙うのであれば回転率良い商品をどんどん回転させていきましょう。

 

 

では、今日はここまでで^^

 

LINE@にてブログの更新をお知らせしています。

僕の記事読んでわからない事、聞きたいことがあれば

 

友だち追加

 

せどりコンサル希望の方はこちら

 

1日1回クリックお願いします^^

 


せどりランキング

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村